法人向け車両管理システムのご提案ならお任せください。
導入事例など多数掲載しております。

中央矢崎サービス株式会社

本社 :〒104-0045 東京都中央区築地3-1-2   
営業部:〒120-0006 東京都足立区谷中4-6-11
深川 :〒135-0003 東京都江東区猿江1-2-11

営業時間 平日9:00~17:00
休業日 日曜・祝日・第2,4土曜

お気軽にお問合せ・ご相談ください

営業部

03-3606-7231
新型デジタルタコグラフ

DTG7

ドライバー管理をもっと効率よくしたい・・・

労務管理がしっかり出来ているか不安・・・

ドライバーが事故を起こさないか不安・・・

・・・このようなことでお悩みの方へ

1、デジタコとカメラがひとつに

デジタコの機能にカメラが搭載されると、デジタコの記録を映像とともに検証することが可能です。事故や危険な運転があった時に実際になにが起こったか映像を通してみることができます。

 

記録した情報と実際の映像を組み合わせることで、より明確な指導ができます。運転手の方も仕方のない急ブレーキなどをしてしまった時でも、映像があるので正当性を証明でき、ドライバーと管理者様の間にも信頼が生まれます。

 

2、画像認識機能

さらに、画像認識機能も搭載されているので、前方の車や路面標示を認識して、危険や注意を音声で喚起します。

それに加え、車線逸脱やふらつき等、危険兆候に対しても、注意・警告を促します。

 

どんな理由があっても前方ではない場所を見ていて事故を起こしてしまうことのないように、常に前を見続けているカメラとドライバーにハッと気づかせる音声で、ドライバーの注意を前方に向けさせ、事故の発生を減少させます。

前方車両認識

車速に応じて危険な距離で警告を行います。

車線認識

白線を認識し車線逸脱・ふらつき運転の際に警告を行います。

路面標示認識 ー横断歩道ー

信号機のない横断歩道で加速した際に警告を行います。

路面標示認識 ー速度制限ー

道路に表示された制限速度を読み取り、速度超過した際に警告を行います。

3、適切な指導

映像付きで詳細な記録を残せるということは、なにが原因でどのようなことに気をつければよいかすぐにわかる、つまり、問題を素早く正しく改善できるということです。そのような組織形態にすることで、効率的な運送業務を実現できます。

 

例えば、ドライバーの評価をつけて、まず、評価テーブルを事前に設定し、運行結果を元に評価を随時見直します。

そして、明確な記録を元に適格な指導、さらに運転中にも音声で指導することが出来る、つまり同乗指導のようなことができます。

その運行結果を即時に評価し印刷できます。

 

それらのデータが集まってきたら、様々な観点での実績を評価し、安全と経済的支援に役立てます。

4、労務状況を管理することでコンプライアンス遵守を徹底

デジタコによる走行情報の収集により、連続運転や休息について労務管理を支援します。

連続走行時間や運転中断を計測してテンキーへの表示、音声での注意をします。

 

他にも点呼やアルコール検査などの情報も一元管理し、日々、日報として即時に情報を把握できます。

 

 

各営業所、個人別に各種労務状況を把握しておくことは今後、企業を継続させていくためには必要不可欠なことです。

 

詳しい内容を知りたい方は下記の電話番号にご連絡ください!

または下記のお問い合わせフォームからお願い致します!

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら
営業部

03-3606-7231

受付時間:平日9:00~17:00

休業日  日曜・祝日・第2,4土曜日